2/12 氷面鏡(ひもかがみ)

更新日:2月13日



今日の美人の日本語は

「氷面鏡」です。


ひも‐かがみ【氷面鏡】
〘名〙 池などが凍って、鏡の面のようになったものをたとえていう。中世以降の造語。あるいは、「万葉集」の「紐鏡」の誤解から起こったものか。歌や句に使われることが多く、「解く」を導く序詞としても用いられる。《季・冬》 〔藻塩草(1513頃)〕 –日本国語大辞典

つ小学校の池にはった氷を

傘でつついて割って

遊んだのを思い出しました。


校庭の霜柱を

ザクザク踏んで歩くのも

楽しかったな~


名古屋の下町暮らしですが

当時は年に一度くらいは雪が積もって

校庭で雪合戦をしていたように思います。


今年は少し雪が降りましたけど

最近の名古屋は

積もるほど降ることは少ないです。


やっぱり温暖化してるんでしょうか?


僕は車を運転しないし

雪で困った経験もなく

今だに雪が大好きです。


雪の予報が出るとわくわくして

深夜に何度も外を見に行ったり

そして、降り出したら超ご機嫌!


周りからはガキかと言われますが……。


雪に閉ざされた街の

非日常感がたまらなく好きなんです。


だから日常が雪だと

すぐ文句を言いそうな気がします(笑)


もう一度冷え込むような

予報が出ていますが

もうすぐ雪の季節も終わります。


氷面鏡が見られるような湖に行くのは

つぎのシーズンまでお預けかな?