4/1 四月朔日(わたぬき)


4月1日の美人の日本語は

「四月朔日」です。


昔、4月1日に着物の綿を抜いたことから、「四月一日」「四月朔日」に「わたぬき」という読みを当てたそうです。パソコンでもiPhoneでも、ちゃんと変換されて驚きました。


新年度です! 桜も満開! 新入社員がいるわけでもないので、特に何も変わりませんが気分は上がっています。脳天気で単純なナレーターの山田です。


決算が間近なので、数字と格闘することになるのかと思うと、ちょっと憂鬱ですが……。


新年度の抱負というわけでもないですが、VoiceCreatorおうむは、これから少しづつ世の中に貢献できるようにしていきたいと思っています。


ナレーターが直接お代をいただくのは企業や放送局ですが、それも見たり聞いたりしてくれる人達がいてこそです。


若い頃はハリウッドスターが寄付やボランティアをするのは、お金が有り余ってるからとか、売名だ! なんて思っていました。


でも自分がおっさんになったら、少し彼らの気持ちが分かってきたような。


身も蓋もない言い方をすれば、社会全体が上向けば、自らの環境も良くなるわけですよね。情けは人のためならず、です。


目の前の利益を忘れることはできませんが、より長い視点、広い視野を持てるようになれればと思います。


そして、これは演技も同じです。


ぐっと感情を込めて語る自分と、それを俯瞰してコントロールする自分。両方を行き来できないと、独りよがりで価値のない演技になってしまいます。


ついつい役者は自分の内側を探ってしまいますが、表現が生まれるのは、外側との関係性の中なのです。