7/6 詩華(しか)


7月6日の美人の日本語は

「詩華」です。


美しい詩や文章のことをいう美称です。


毎日のように駄文を綴っていると、詩華といわれるような文章にあこがれますが、特別訓練をしているわけでもないので難しいところです。


他に文章を書くときというと、メールが多いのですがこれは気をつけていることがあります。


それは、なるべく無味乾燥としたビジネスメールにならないように。


きちっとしていなきゃいけない相手や内容もありますが、普段は多少くだけても気持ちが伝わるように心がけています。


具体的には、定型文や常套句のようなものも安易に使わないように気をつけたり、やたら漢字が多くなってしまわないようにしています。


こういったものは敬意表現に多いと思いますが、実際には相手を思いやる敬意よりも、自分を守ることや失敗しないための表現になってしまうことがあります。


結果的に例文集に出てくるような文章になっては本末転倒。


どう伝わるかな? と少し頭をひねることが大切だと思うのです。