7/2 峠(とうげ)



7月2日の美人の日本語は

「峠」です。


山道を登りつめてそこから下りになる場所。山脈越えの道が通る最も標高が高い地点です。


今日は、1年のど真ん中の日。1年の峠です。


ほんとあっという間ですね~。


峠といえば、いま司馬遼太郎原作「峠 最後のサムライ」が公開中です。


約20年前、当時所属していた経営者勉強会で、この原作「峠」が課題図書でした。


それまでほとんど無名に近かった幕末から戊辰戦争時の越後長岡藩家老・河井継之助の名を、一躍世間に広めることとなった歴史小説である。近代的合理主義を持ち、時代を見据える先見性と実行性を有しながらも、「藩」や「武士」という束縛から自己を解放するまでには至らず、最後には武士として、長岡藩の家臣として、新政府軍に対抗する道を選んだ英雄の悲劇を描く。 【引用 Wikipedia】

結構分厚い上下2巻で、上巻の3分の1くらいで挫折。感想文を斜め読みででっちあげた記憶が……。


20年もあっという間です。ナマケモなところ、成長してないなあ(汗)