6/4 蛍狩り(ほたるがり)


6月4日の美人の日本語は

「蛍狩り」です。


昔は捕ったりもしたでしょうが、今は舞飛ぶホタルを眺める風流なイベント? です。


名古屋の都心でも、名古屋城外堀でヒメボタルを見ることができます。

(発生の時期が少し早いので、今年(2022年)はもう終わってしまったようです。)


ゲンジボタル、ヘイケボタルよりも小さく、幼虫も陸生のホタルです。

日本人にとってホタルは清流に棲むイメージですが、種全体でみると、水棲のほうが少ないんだそうです。


小さい頃に祖母の田舎ではゲンジボタルが、近くの川に沢山飛んでいました。それこそ子どもが捕ったところで減るような数でもないので、毎年楽しみにしていました。


それも今では護岸工事などで見ることができなくなり、なぜかホタル熱がたかまった数年前に。名古屋城へヒメボタルを見に行きました。


光りは小さいのですが、ゲンジボタルとちがい、ピカッと光る感じがとても綺麗でした。


ただ、湿気のある林の中なので、蚊も飛んでるわけです……。


虫除けスプレーを使えば、ホタルも逃げるわけで……。


思う存分、血を吸わせることになりました。


蚊のアレルギーが強めの僕は、1週間くらい痒いんですよ……。


美しい風物詩とともに、代償も大きかったというお話です(涙)