6/20 轍(わだち)

更新日:6月20日


6月19日の美人の日本語は

「轍」です。


車が通ったところに残る、車輪の跡のことです。

また、比喩的に先人の行ったこと、先例のこともいいます。


お話の中で、「轍」はネガティブに捉えられがち、「足跡」というとポジティブなイメージとあります。


なんでかなと考えてみると、「轍」はハンドルや足をとられるものだからかな~?


轍といえば、昨日は3年ぶりの開催となる、F1カナダGPの予選でした。


雨自体は上がったものの、路面は相当なウェットコンディションでのスタートでしたが、周回を重ねるごとにレコードラインは乾いていきました。


F1のタイヤは相当な高温になるのと、ウェットタイヤの排水力で、ドライの轍ができていくんですね~


こういう路面の変化の読み合いもF1の醍醐味のひとつです。


今年は鈴鹿サーキットでの、日本グランプリも開催されるはず!


弱冠22歳の日本人ドライバー、角田裕毅選手も活躍中なので、ぜひ見てみてください~