5/18 青楓(あおかえで)


5月18日の美人の日本語は

「青楓」です。


初夏のカエデの若葉のことをいうそうです。


青い頃も、赤や黄に色づいた頃も、楓は美しいですね。


楓も先日出てきた風媒花で、花は目立たちませんが、独特の葉の形と色で楽しませてくれます。

葉の切れ込みが深いものをモミジ、浅いものをカエデといいますが、植物としては同じもの。


そして日本は世界でも有数のカエデ大国。カエデは世界に約130種ありますが、日本には自生種で27種、園芸種は120種以上あるんだそうです。


食用としてはサトウカエデのメープルシロップが有名ですが、愛知県民にとってはやっぱり紅葉の名所、香嵐渓の「紅葉の衣揚げ」ですよね。


本物の葉に甘い衣をつけて揚げたかりんとうのようなお菓子です。


似たものは大阪府箕面市にあるだけで、珍しいものだそうですよ。