4/14 有頂天(うちょうてん)


4月14日の美人の日本語は

「有頂天」です。


お話しの中では「有頂天」という場所があるように思えますが、三界のもっとも高い場所にあるのは、「非想非非想処天(ひそうひひそうしょてん)」です。


三界(欲界、色界、無色界)は「有」ともよばれるので、最も高い場所にある「非想非非想処天」は、「有」の「頂点」、「有頂天」となったそうです。


世界の頂点なわけですから、「有頂天になる」というより「有頂天に登る」という表現になってもよさそうな気がするなと思っていたら、その点も日本大百科全書(ニッポニカ)に記載がありました。

極度の喜びを表す「有頂天になる」という表現はこの仏教語に由来し、この場合は天は天神の意味であるので、「天になる」と表現される。

ということだそうです。


あぁ、納得。