3/1 夢見月(ゆめみづき)


今日の美人の日本語は

「夢見月」です。


3月といえば

「弥生」として知られていますが

これも異称のひとつです。


桜を「夢見草」ともいうことから

桜の咲く旧暦3月を

夢見月というそうです。


いよいよ旅立ちの季節ですね。

大きな大きな夢を抱えて

わがままに

思いっきり

一歩を踏み出してくれたら。


なんてことを書きつつ

「夢見草」と聞いて

真っ先に思ったのは


「春眠暁を覚えず」


でしたが……。


それぞれの歩幅で

一歩ずつ一歩ずつ。


3月もゴキゲンでいきましょう!